いい加減に良い加減 1

いい加減に良い加減 第1回


こんにちは。先日、4人目を出産したばかりの池宮ちかここと、ちーかーです。コラムを書くことは、これが初めてなので、かなりドキドキしてます…どんな事になるのやら、ワタシにとっては未知の世界です。
今まで経験してきた子供たちとの関わりの中からの経験や、実際に子育てしている中で感じた事を、ワタシらしくお伝え出来ればな、と思っています♪
ぜひ、お付き合い下さい!

特に東京にいた時ですが、周りからよく、「4人目ってすごいね!なんでそんなに欲しいと思ったの?」と聞かれるんですよ。

実は、本当は5人欲しいんです、ワタシ。しかも、年子で。
(年子で、は叶いませんでしたが…)
5人は主に金銭面から、旦那に却下されました。
なぜ5人なのか??もちろん、子供が好き、というよりは、子供というものにとても興味がある(という表現が近い気がする)事が1番なんですが、私は保育士の資格を持っていて、役者をしていた出産前は、普通のバイトよりも多少時給が良かったのもあり、保育のパートや派遣をしており、子供が出来てからは、子供たちを保育園に入れたいが為に保育園に就職しました。
今となっては、保育のパートや派遣をしていた事により、いろいろな保育のやり方や考え方、施設を見れて現在の糧になっているなと思います。ちなみに役者は、今は育児休暇中なので、40歳には復帰する予定♪(←ここ大事!)

まぁ、保育の仕事をしていなくても、昔から子供たちと関わって何かをして来てたんですが…。その中で、同僚の保育士たちとも時々話題に出るのが「保育園で10言って3出来た事って、家庭でやってもらったら、6とか7あっという間にできちゃうんだよね〜」という話です。
そうなんです!いくら保育園で頑張って教えても、家庭でやってきてもらうと、あっという間に出来ちゃう事って多いんです!!(←ぜひ知っておいて欲しい!!)っていうのを感じることが、仕事をしながら多々ありまして。
だったら、これは、自分の子に試して確認するのが1番でしょ!!と、思いだしたら「じゃあ、2番目の子は?」「じゃあ、3番目は何が違ってくる?」「兄弟が居ることで何が変わってくる??」という疑問を持ち始め…
結果、「5人経験したら、兄弟の関係性とか、2人兄弟とそれ以上の数の兄弟がいるのとの違いとか、年子と年の差兄弟の関係性の違いとか、ほとんど経験できるんじゃ??」と思ったんですね〜。

実際、まだ余裕があった1人目の長女の時は、保育士として働いていた時に感じていた事を、ほぼ全てやってみた気がします。
まず、新生児期(首が座る前)は、子供の側を離れる時は、どこに行くにも必ず声を掛けていました。「トイレ行ってくるねー」「洗濯物干してくるねー」などです。
自分でやりたいと興味を持ち始めた時は、本人が出来なくて泣いたり、こちらに助けを求めてくるまで待つ、という事をしてみたり。(時間に余裕のある時はですが)
話せるようになる頃には、もうすでに下の子が産まれていたので、手を出してしまった時などに、言葉にして伝えるんだよということを話したり(特に喋り始めくらいの子が手が出てしまうのは、まだ言葉の引き出しが少ないので、なんて言っていいかわからない→ボディランゲージでアピール=手が出る、事が多かった)しました。もちろん、その後に産まれてきた長男、次男にも出来るだけ同じことをやるようにはしていました。

実際にそれが成果があったのか??正直、わかりません(笑)
今でも長女(6歳)・長男(4歳)は普通に手を出してケンカしているし、特に長男は手が早い!まぁ、お姉ちゃんよりも言葉の引き出しが少ないので仕方のないとこですが。その度に「お口できちんとお話ししてみて」と言っています。

てな具合に、日々「こういう時に、このアプローチをしたらどういう反応や変化があるのか??」と、何だか、研究者みたいな気持ちで育児をしています。もちろん、毎日ずっとそんな気持ちで出来るほどの余裕はないですがね。感情任せに怒ることも日常茶飯事です。さすがに3人目は多少の余裕があり、上2人にくらべたら、「ま、いっか」で済ませられることも多くなってきました。というより、細かく見たり言ったりする程の余裕が、上の子たちの時より無い、という事だと思いますが。

はてさて。4人目はどんな感じで向き合えるのか。上3人へどんな影響があるのか。逆に、上に3人いる下の子はどんな感じに成長していくのか。

研究はまだまだ続きます。

■筆者information
【Instagram】@chicaco0117


別のコラムを読む

NEW PICKUP


Hamburg&Steak Vega(那覇市)

鉄板からはみ出る旨さ、
ひと噛みすれば広がる北の大地

北海道で育った上質な和牛と、沖縄で生まれたアグー豚が出会って奏でる、極旨の肉汁ハーモニー!そして、A…