『我那覇孝淳の【喜怒哀☆楽日】第3回


『評決の行方』『奇跡の街』『オキナワ・シンデレラ・ブルース』『72’ライダー』『9人の迷える沖縄人』。これは全部、僕が5月中旬までに観た演劇のタイトルです。

沖縄に演劇が戻ってきたー!
コロナ前、僕は月に2、3本の演劇を観ていました。多い時には5本という月もありました。沖縄でも、それくらい演劇が盛んだったんです。まあ、東京に比べたらアレですけど。それでも他県に比べたらアレじゃないですか?

5月14日に無事、幕を降ろした【沖縄復帰50周年 現代演劇集inなはーと】で先程紹介した『オキナワ・シンデレラ・ブルース』『72’ライダー』『9人の迷える沖縄人』が上演されました。それぞれの劇団がそれぞれの視点から沖縄復帰50周年を捉えて、とても素晴らしい演劇でした。

で、ですよ。打算的な事しか考えない僕は、こりゃえーわい。と思うわけですよ。何がえーわいかと言いますと【現代演劇集inなはーと】を観に行ったお客様の中には初めて生の演劇に触れた人もいるわけですよ。人生ではじめての観劇を体験した人が。その中には『他にも観てみたいなあ!』と思う方もいらっしゃるわけですよ。そういう方を演劇の世界に引きずり、いやいや、お招きできたらなあ!と思うわけです。

なので【沖縄復帰50周年 現代演劇集inなはーと】も今回限りのイベントではなく【現代演劇集inなはーと】として毎年やってくれないかなあ。なんて思うわけです。そう言えば浦添市はコロナ前まで【てだこ演劇祭】ってのをやってましたね。コロナが明けて【てだこ演劇祭】が復活したら那覇市で【現代演劇集なはーと】浦添市で【てだこ演劇祭】の演劇二大イベントで沖縄小演劇界もおおいに盛り上がるんだけどなあ。

那覇市の【現代演劇集】と浦添市の【てだこ演劇祭】毎年、交互に開催しないかなあ。

どうしたら、もっともっと沖縄小演劇の観劇人口が増えるんだろう。なんてことを出口裕子さんとよく話すんです。で、結論は「ウチらがもっと面白い芝居を創ればいいんじゃね?」ってことになるわけですよ。

てことで今回のコラムゲストは出口裕子さんです。

出口さんはですね、イベントプロデューサーで、演出家で、女優で歌手。沖縄ラフ&ピース専門学校で演技指導をされていて、DC Acting Studioの主宰さらにはラジオ『出口裕子のDream Catcher』のパーソナリティまでしているアヤシイ、いやいや!魅力的な方なのです。

僕は月に一度、出口さんのラジオ番組『Dream Catcher』に出させて貰って2人でお喋りしてるんですが、それがとても楽しい。

出口さんは僕のほんのちょっとだけ大先輩なんですが、好奇心旺盛で楽しいことを見つけてすぐに実行しようとするドリームキャッチャーな人なんです。

出口さんが手掛けたライブハウスModsでのプロデュースイベント『CAN YOU DREAM』はコロナ禍で開催されまさした。緊急事態宣言などで大打撃を受けたライブハウスの現状を少しでも何とかしたいという想いからイベントを立ち上げたのだと思います。すでに15回以上は開催していますが徹底した対策で感染者は出していません。これは凄いことだと思います。

出口さんが携わっているプロジェクトの『沖縄ラフ&ピース専門学校』での演技指導も『DC Acting Studio』も、そしてライブイベント『CAN YOU DREAM』も全てひとつの共通点があります。

それは『若手の育成』です。若い人たちに演技の指導をして、そして表現の場を与える。沖縄小演劇界の母親的存在です。今度、出口さんに会ったら「お母ちゃーん!」と言ってやろうと思います。

そんな出口裕子さんですが、来る5月28日に『Burning〜Power of dream〜』と言うイベントを総合プロデュースするそうです。

自身が主宰をなさっている【DC Acting Studio】とダンスレッスンスタジオ【ADEA】がタッグを組んで『Burning〜power of dream〜』と言うイベントをするんです。

どんなイベントなのか、ちょっとインタビューしてみました。

我那覇「出口さん、『Burning〜power of dream〜』なんですが、コレは?」
出 口「ダンサーの、あめくけいこさん率いるダンスレッスンスタジオ【ADEA】と私の【DC Acting Studio】のコラボでダンスありお芝居ありの、ちょーアゲアゲの舞台です」
我那覇「なるほど。見応えありますね。ショーの時間はどれくらいなんですか?」
出 口「二時間を予定しています。途中休憩を入れて。二時間で、おつハムニダです」
我那覇「見所は?」
出 口「若い子たちのパワーです!きっとサゲぽよの気持ちもアゲぽよになると思いますよ!」
我那覇「出口さん。ちょいちょい使ってる若者言葉が古いですね」
出 口「ぴえん!(>_<)」

てな事で今月はこの辺で。
また、話を聞いてやって下さい。

■筆者information
【Twitter】@koujunkoujun
【note】我那覇孝淳

1日1本、約1200文字の短編小説のようなものを書いてます。 文章修行中。 稚拙ですが読んで頂くと嬉しいです。 Twitterもやってます。


別のコラムを読む

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…