マンゴハウス便り 第4回


マンゴハウスショッピングカー計画 第4話

※当記事で使用している写真の一部は動画より抜粋のため、若干画質の粗い部分がございます。
 詳しくはYouTubeにアップしている動画もご覧ください!

前回は、傾斜がなくなったり、空気導入口が設置されてたり、非常口のドアを開けてみたりしました♪
今回も作業が進んでいたので紹介していきます。

アイランドバスに訪れると開放的だった窓が全部塞がれていて、床も板が敷かれていて一気に暗い感じになっていました。
外装ももちろんマンゴハウスらしいデザインにしていくのですが、窓も塞いで全部ラッピングする予定なので、今回で窓は塞いでしまいました。

今までは、いかにもバスっぽい床だったのですが、これから店舗らしくウッド調にしていくので、板を敷いて綺麗に平行にしています。
ちょうど、訪れた時に床のシートを貼る作業をしていました。

そして今回来て知りましたが、前回のコラムマンゴハウスショッピングカー計画 第3話で紹介した非常口、観光バスとして使わないため、無くてもいいとのことでなくなっちゃうそうです・・・
元々定員51名乗れるバスだったのですが、ショッピングカーになったら定員4名になるので必要なくなるそうです。

このマンゴハウスショッピングカー計画、YouTubeでも紹介していて先行してアップしているのですが、YouTubeなどのコメントで色々質問が届いていてショッピングカーは都内の排ガス規制は大丈夫ですか?と質問がありました。

排ガス規制?初めて聞く言葉にスタッフ全員はてな・・・。
ネット検索してみると東京などの大都市では、排気ガスの規制があり基準値を満たしていないトラックやバス、ディーゼル車は対策地域内を走れないそうなんです。

せっかく作ったショッピングカー、東京などには行けないの?と思ってたらマンゴハウスの購入したバスには『尿素SCRシステム』が付いていました。

『尿素SCRシステム』とは、排気ガス=窒素酸化物(NOx)を浄化するシステムの名称であり、有害物質である窒素酸化物(NOx)をアンモニア(NH3)と化学反応させることで、窒素酸化物(NOx)を大気に無害な窒素と水に分解し排出させるものです。

今回購入したバスは排気ガス規制の基準値を満たしているそうで、安心して東京など排気ガス規制地域も走れるそうです。
都内にいるマンゴハウスのお客様にお会いできそうでひとまず安心しました。

マンゴハウスのYouTubeやブログ、インスタグラムを見てくれているお客様、スタッフよりもバスに付いての知識がすごくてとても勉強になります。

さてさて、今回はこんな感じで作業が進んでいました。
次回は、いよいよ店舗に必要な棚仕切りなど、出来る予定みたいなので楽しみです。

★6月特集『2021FATHER’Sday PICKUP』でもMANGO HOUSEをご紹介中!
2021FATHER’Sday PICKUP 「MANGO HOUSE マンゴハウス 国際通り5号店」

■筆者information
【公式サイト】https://www.mangohouse.jp/
【Twitter】@mangohouse_jp
【Instagram】@mangohouse.jp
【YouTube】MANGO HOUSE メディア

別のコラムを読む


NEW PICKUP


NEW PICKUP