まじめにふわふわ生活 第1回


はじめまして、たまです。
人生色々と経験していく中で、自分の考えを述べて伝えていくのも楽しそうだなと思い、コラムを書くという大役を恥ずかしながらも、引き受けさせていただくことになりました。

第1回ということで、まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。
御年41歳になるさそり座の男です。
昔から全ての物事に対して広く浅く興味があり、何でも首を突っ込みたくなってしまう性格です。

そんな私が、この4月より今帰仁村古宇利島にある観光施設・古宇利島の駅「そらはし」の運営管理をさせていただくことになりました。

大阪で生まれてこの方一度も大阪を出たことのない私が、ものすごいご縁とタイミングがばっちりと合いまして、観光業の世界に飛び込むことになりました。

やると決めてから、まずは移住にあたって大阪での脱出準備を着々と進めながら、睡眠時間を削っては沖縄へ行く準備に励んでいました。
そんな生活が12月末頃から始まり、あっという間に数ヶ月が過ぎて気が付いたらすでに沖縄に来ていました。

移住する大きな面目はお仕事を成功させる事ですが、自分の性格上、そんなに硬い人生を歩んできたわけではないので、会社には大きな声で言えませんが「まずは沖縄に馴染む」という事を第一に過ごしていこうと思います。

今は仕事場近くの、自然が溢れ虫も溢れるところに住んでいます。
控えめに言って部屋に虫がいない部屋は無いかと思います…。しかし我ながら環境適応能力は素晴らしいもので、ギャーギャー言いながらビビって歩いていたのは初めだけで、今では『もぉ〜そこはあかんよ』と、虫にツッコミを入れられるぐらいになりました。

近所の散策は、まとまったお休みが取れたら少しずつやっていこうと思っていますので、沖縄北部で皆さんのおすすめのお店や場所がありましたら、どしどし教えていただきたいです!
とは言え、北部の線引きもまだよく分かっていませんが。。

では、少しだけお仕事の話に戻りまして、はじめの方で触れました観光施設の古宇利島の駅「そらはし」について、お伝えさせていただきます。

まず名前の由来としましては、島に向かう際『まるで空を渡るよう』に感じるところや、施設を通じて人と人が繋がるハブになりたいという思いから、橋が島と島を繋げるのをなぞらえて付けさせていただきました。

施設の場所は古宇利大橋を渡ってすぐ左手にある建物で、沖縄食堂、物産店、フルーツパーラー、フードコート、観光案内所等を併設しております。
各施設、北部産の原材料にこだわって様々なメニューをご用意しています。
ちょっと遠いな…とは思わず、全力で遊びに来てください!!
また、同施設の広場では、定期的に色々なイベントや催しを考えていますので、決まり次第SNSなどで告知させていただきます。ぜひフォローよろしくお願いいたします!

なんて私のどうでもいい話をしていたら、少し長くなってしまいましたので、もっとワクワクするようなお話は次回以降でお伝えできればと思います!

ほな、また!

■筆者information
【古宇利島 そらはし 運営】https://kanau.co.jp/
【Twitter】@kouri_kanau
【Instagram】@kouri_kanau


別のコラムを読む

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…