SPECIAL

夏に制覇する“氷山”
ぜんざい・かき氷 特集2021

氷屋 がじゅまる

本部町浦崎

沖縄生まれ、名古屋育ち!大きく立派な「がじゅまる」みたい

沖縄にルーツを持つ店主は名古屋在中。仕事の関係もあり沖縄と名古屋を行ったりきたりする生活の中、色んな沖縄ぜんざいを食べ歩き、美味しい沖縄ぜんざいの店を自分でも作ろうと一念発起!老舗や人気店の多い北部で最高の物件をみつけ、この2021年7月にオープンしたばかりだ。そしてこれが看板商品「黒蜜きなこぜんざい700円」。

北部と言えば沖縄ぜんざいをウリにする店や老舗も多い。そこでの勝負に選んだ味は『地元・名古屋の沖縄居酒屋が出す甘めな沖縄ぜんざい』。県内のように沖縄料理が身近でないがゆえに、近隣店を食べ比べる機会の少ない沖縄料理店。県外で独自に研究・追求する熱心さが、氷屋がじゅまるの沖縄ぜんざいからは感じられるのだろう。

海洋博公園・美ら海水族館から車で数分、誰もが北部へ遊びに行く時に通る場所で立地は最高!昨今の厳しい観光低迷期でも、噂を聞きつけた地元の人たちや、そのリピーターさんが多く訪れているようだ。

氷の命は40秒、見た目も味も瞬間芸術!甘い時間をかみしめて

フワフワにこだわった氷は一度も手で押さえることなく、わたあめのように宙に舞いながら器へ重なっていく。このように時間をかけて作るが一瞬の命だという氷山、少しでも触れると溶けてしまいそうなほど軽く柔らかい。繊細な氷をボトムで支える甘い沖縄ぜんざいやシロップは、名古屋で修行した名店の味がベースとなっている。

超特大の見た目とは裏腹に、小さな子どもも1人1つペロッと食べられるほど軽い。そんな子どもたちの心を掴んで離さないのが「アロエぱちぱち550円」。口の中でパチパチはじける昔懐かしの甘い粒や粉が、氷全体に散りばめられている。ぜひ次の北部ドライブで訪れてみてはいかがだろうか。

氷屋がじゅまる ふわふわかき氷

氷屋がじゅまる ふわふわかき氷

-コオリヤガジュマル フワフワカキゴオリ-

住 / 本部町浦崎278-1

電 / 080-5595-0033

営 / 11:30〜20:00

休 / 水曜

駐 / 有り

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…