CHOCOLATE PICKUP

バレンタインお勧めチョコ菓子

OKINAWA CACAO Factory&Stand

国頭村浜

地元の自然をシンプルに閉じ込めた、濃厚チョコレート

チョコレートのフレーバーはカラキ・シークヮーサー・月桃・泡盛、全て地元で愛されるものをシンプルに取り入れている。
地域の価値を高めつつ持続可能な何かをと、この地に移住してカカオ豆を育てながら、豊かな自然に育まれる人との縁や素材を、手作りチョコレートにして全国へ発信する川合さん。

店の前にある椅子とテーブルも琉球松で手作り、アメリカンな雰囲気のカフェスタンドは、「やんばるの景色」に溶け込む佇まいをしている。

全国へ発送可能な通信販売では、県内発送に特別価格を設けている他、県内のリゾートホテルやセレクトショップなどでも一部商品を販売。バレンタイン向けの商品には、月桃の葉を使うなど、パッケージングにも自然の風合いを活かした面白さがある。

ここまで来るならではの理由を、しっかり感じる味

「この土地まで来る理由には、そこでしか味わえないものを求めているはず」と、使う素材は地元産のものが選ばれた。
「カラキ」は沖縄のシナモンでスパイシーながら優しい味わい。「シークヮーサー」は果汁だけでなく皮や種まで丸ごと使って独特の苦味も楽しめる。「月桃」は香り豊かな上品な仕上がりで全国でも高評価。「泡盛」はやんばるの酒をたっぷりカカオに吸わせ芳醇さを味わえる。

このスタンドでだけ楽しめるチョコレートドリンクやケーキもあり、全てが手作り。
現在は少し離れた場所に工房を建設中だが、今後も手仕事にこだわっていきたいと川合さんは話す。同じ作物でも生産者や時期によって味のバランスは変化する、それをしっかり見極め癖も活かし最上の状態を保てるように機械には頼らないそう。

そうして生まれるチョコレートは、見た目も荒い原型でありながら繊細な心を持つ職人そのもののように見える。
近くで育てるカカオ豆は、昨年から少しづつ採れ始めたが沖縄は産地として適しているわけではないので、工夫も必要でお金もかかる作業。いつか県産カカオ100%で作ったチョコレートを作れるように、研究を続けていると話してくれた。

そんな「OKINAWA CACAO」のチョコレート、通販サイトではボンボンショコラやドライフルーツと合わせたり様々な形にもなっているが、意外な食べ方を直接聞いた。

クリームチーズと生ハムに、生コショウの塩漬けを乗せてチョコレートを添える。不思議に思えるこの組み合わせがとっても美味しい!一緒にママレードやジャムにも合うと聞いたので、2種類作って試してみた。チョコレートには今回「月桃」をチョイス。

チョコレートのストレートな旨味と甘さが引き立つ、面白い組み合わせはワインや日本酒、紅茶やコーヒーにもピッタリ。
手土産用の購入に足を運ぶ地元客も多いそう。ぜひ北部へドライブする際のお供にチョコレートドリンク、お土産に大人時間を甘く格上げしてくれるチョコレートを試してみてはいかが。

OKINAWA CACAO Factory&Stand

OKINAWA CACAO Factory&Stand

-オキナワカカオファクトリーアンドスタンド-

web

住 / 国頭郡国頭村浜521

電 / 050-5241-8152

営 / 11:00〜18:00

休 / 火曜

駐 / 有り

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…