SPECIAL

夏に制覇する“氷山”
ぜんざい・かき氷 特集2021

タコハウス タイラ

宜野湾市真志喜

たこ焼きの可能性は未知数!沖縄の風土に合わせて焼き上げる

最近では、某アゲアゲなテレビ番組で紹介されたりと話題のお店。とにかく徹底して「宣伝しない」事にこだわり、口コミのみで33年の歴史を築いた。週末は遠方から来る人も多く、世代を超えて愛されている「たこ焼き」、その始まりは高校生の頃に父と始めた移動販売だったそう。

メリケン粉は沖縄の気温や湿気に合わせて調合し、ソースもフルーツのコクを感じる甘め。マヨネーズは辛子とわさびを混ぜ込み少し刺激的な味だが、ソースとのマッチングが最高!全て手作りなのも、長年の人気を築いた秘密だ。定番は「マヨたこ10個入り480円」。

新メニュー「マヨてり」はじめ、コロッケ風、和風、ピザにタコライスと様々なラインナップは、飲み会に全種類持って行きたくなる!揚げ餃子も一緒に人気のメニュー!
とここで沖縄ぜんざいの特集では…?と思った人、ご安心を!店主自慢のたこ焼きが美味しかったので最初にご紹介しましたが、沖縄ぜんざいも毎日食べたい美味しさと量、まさに「これ!これ!これ!」といいたくなるやつだ。

3日間ずーっと煮込む、昔ながら+αの進化系ぜんざいとは

今回はドリップしたコーヒーとハチミツのオリジナルシロップが甘く、コーヒー牛乳のようにミルク感も丁度よい「コーヒーぜんざい380円」という、形も可愛い山らしい氷山へ登頂開始!もちろんこのシロップも手作りだ。

どこを削っても甘〜いコーヒーとミルクの香りが広がる。
長時間煮込んだ豆は小さなお子さんも食べやすい柔らかさ。
もちろん手作りにこだわって、もっちもちの白玉も自家製!
溶けた氷にコーヒーとミルク+ぜんざいの甘さが混ざって幸せ味!

大きな寸胴鍋で3日間煮込み続けるという手作りぜんざいは、豆へのこだわりが強く、舌の上でとろけながらもシンまで甘みを感じてほしいと、とにかく柔らかさ重視で作られている。そこに店主オリジナルのシロップが混ざり合った味は、まさに古き良き魅力をより引き立てる+αの魔法のようだ。

通年で大人気のぜんざいは毎日大量に仕込むそう。それでも売切れるほど人気で、たこ焼きも同じく日によって早々になくなる事も。大量購入は事前の電話注文が確実だ。その為、閉店時間は「売切れ次第」としていたり、ラジコンや音楽など店主や仲間の趣味の場としても大活躍の店内。冬にはホットぜんざいもあるそうなので、ぜひお仕事の休憩時間やお買物ついで、近くを通る際にチェックしてみて!

タコハウス タイラ TAIRA

タコハウス タイラ TAIRA

-タコハウス タイラ-

住 / 宜野湾市真志喜2-14-9

電 / 098-898-5016

営 / 12:00〜売切れ次第
※18:00以降は要確認

休 / 月・火曜

駐 / 無し

NEW PICKUP