EVENT INFOMATION

ケイシー
yamazato masaki
ひかり(よしお)

沖縄とスポーツのイラスト展

【EVENT INFOMATION】
沖縄とスポーツのイラスト展
場/琉球新報ビル 2Fギャラリー
 (那覇市久茂地)
期/2021年6月5日(土)〜6月7日(月)
時/9:30〜18:00
料/入場無料
展示/
illustrator:
ケイシー
yamazato masaki
ひかり(よしお)
flower artist:
kemmy

躍動感溢れるイラストから沖縄のスポーツを体感!

沖縄には様々なスポーツが溢れている!その応援方法は様々!今回、そんなスポーツ好きな3名が合同展示会を開くとあり、そのきっかけや3人の関係、そしてスポーツへの思いを聞いてみた。
展示会は現地で見ることも出来るが、SNSでもその様子は配信される予定。ぜひこれをきっかけに知らないチームを調べてみたり、好きな選手の絵を描いてみては!

発起人のケイシーさん

今回の展示会はどなたがお声掛けされましたか?

ケイシーさん:僕です。琉球新報が「新報アートルネッサンス」という企画をやっているのを見て、イラスト展をやってみたかったので思い切って応募しました。
最初は1人で個展をするつもりでしたが、実際に会場へ下見に行くと思った以上に広くて。「こんなに広い場所で1人はもったいないな」と思いお2人に声をかけました。お2人は前からSNSでフォローをしてはいましたが、実際に会った事がありませんでした。もしかするとSNS上で会話した事も無いかもしれません(あったらごめんなさい)。それくらい交流は無かったですが、僕がお2人のファンだったので、勇気を出してお誘いすると快くOKしてくれました!

展示作業に来ていたyamazato masakiさん

声かけられた時、お2人はどんな気持ちはどうでしたか?

ひかりさん:自分が企画者じゃない展示会は、学生の時以来なので嬉しかったですね!
yamazatoさん:直接の面識はなかったですが、Twitterでイラストやアニメ、YouTubeなどの発信を積極的にされていて、凄いなーと思っていたのでとても嬉しかったです!イラストも結構描き溜めていたので、どこかで展示したいと思っていたタイミングで、それもピッタリでした。

過去の4コママンガが壁にずらり!
自ら愛を込めて見やすいように展示する

では始まりはSNSから…という、現代的な出会いで3名が集まられたんですね!
そんな皆さんは普段どのように作家活動をされているんですか?


yamazatoさん:仕事がイラストレーターなので、テレビのイラストを中心に、書籍・雑誌・フリーペーパー・ウェブなど、色んなメディアでイラストを描かせていただいています。
ひかりさん:作家活動というよりはデッサントレーニングの為とかです。仕事で絵を描くときには誓約があったりして、自由に描く事は少ないので、自由に好きな時に描いて好きな時にやめられる、ストレス解消の為にイラストは描いていました。Twitterに載せておけば、いつ頃描いた絵か記録になるし、誰かに見てもらえれば刺激になると思い、作家活動…という意識はしていなかったんです(笑)。
ケイシーさん:僕は琉球ゴールデンキングスの4コマを4年前くらいに描き始め、定期的にSNSへ投稿をしています。途中からは4コマだけではなく、イラストも描くようになり、最近は簡単なアニメーションもつけたりします。YouTubeを使って動画の企画をしたり編集をしたりもしています。「面白そう!作りたい」と思ったらとりあえずやってみる感じです。

思わず笑ってしまう、選手のキャラが活かされた4コマ漫画がたくさん

活動形態の違う3名が集まった、面白さも魅力

今回テーマは「沖縄のスポーツ」でありますが、皆さんそれぞれの推しチームの作品が中心になっていると思います。
その推しチームを応援するきっかけを聞いてみてもいいでしょうか?


ひかりさん:私が琉球ドラゴンプロレスリングを応援し始めたのは、5年前位だと思います。元々プロレスが大好きで、好きな選手が琉ドラの試合にゲストで来たのを、見に行ったのがきっかけだったと思います。ドラゴンゲートだったかなぁ〜。今ドラゲーとも提携しているので、凄く良いです!すごく!!!

ひかり(よしお)さんの躍動感溢れる作品は、今にも動き出しそうで表情豊か


yamazatoさん:FC琉球を応援しています!きっかけは2012年ロンドン五輪サッカーU-23日本代表がグループリーグ初戦で、当時世界最強と言われたスペインに勝った時でした。ジャイアントキリングぶりが凄すぎて、嬉しさのあまりインターネットで日本勝利の記事を読み漁っていたのです。その中にJリーグのまとめサイトがあり『うちのチームの〇〇選手が誇らしい!』というコメントが溢れてたんです。
それまで自分にとってサッカーは、日本代表や海外リーグぐらいで、Jリーグに関心はありませんでした。でも、その選手の所属チームのサポーターのコメントが本当に誇らしそうで、わが町のチームから日本代表が出て活躍する喜びってどうなんだろうと想像すると、そのサポーターが凄く羨ましくなってしまいました。いてもたってもいられなくなり、地元のチームを調べて行き着いたのがFC琉球だったんです。
とはいえすぐどハマりしたのではありません。その頃のFC琉球はJFLでくすぶっていて、ネット中継もありませんでした。当時は関東に住んでいたのでリアルタイムで見れず、ツイッターで情報を追ったり帰省した際に行く程度でした。本格的に見るようになったのは沖縄に戻ってきた18年シーズンからです。

これはあの時の!と名場面を思い出すサポーターは嬉しいイラストたち


ケイシーさん:僕は琉球ゴールデンキングスを応援するようになったのは、Bリーグが始まった2016年からで割と新参者です。きっかけはサッカーEURO2016を見るために衛星放送を契約したんです。その年にBリーグが開幕して、最初の1ヶ月はBSで無料で見れたんです。それがきっかけでハマりました!
FC琉球は、圧倒的な強さでJ3優勝した時ですね!攻撃的で面白いサッカーをするなと興味がでてきました。FC琉球のスタジアムの雰囲気も良くて、それからは定期的に見に行くようになりました。琉球アスティーダはTリーグが始まってからチェックをしています!アスティーダのおかげで初年度の最下位(4位)、2年目のファイナルに進出したのにコロナによりファイナル開催が無くなったり、今シーズン2020−21の優勝という漫画みたいなドラマを見れました!Tリーグはこれからどんどん盛り上がっていくと思います。そして琉球ドラゴンプロレスを見始めたのは、時期こそ忘れましたが那覇近辺での試合を見に行っていました。いつかネーブルカデナアリーナでの試合を見たいと思っていたのですが、僕が中部へ引っ越したとたん終了しちゃいました!その時は「嘉手納に通ってプロレス見まくるぞ」と思っていたのに(泣)。

選手の持つ様々な顔をモチーフに、雰囲気も様々なイラストが楽しめる
人気選手もバッチリスタンバイ!
人気YouTuberのあのアイコン原画も!

皆さん、それぞれスタートは様々ですね!
ではせっかくなので、その推しチームへの愛をたっぷり語ってください!叫んでもいいですよ(笑)!


ケイシーさん:年に数回しか会場に行けないし、行っても声が枯れるまでの応援はしないし(静かに見たい派)、グッズもほとんど買わないのですが…、何年もマンガやイラストを描き続けています!たぶんこれって愛ですよね?イラストや絵を描くのって、1枚3〜6時間かかったり(場合によってはもっと)こんなに時間を費やしてるのは「愛」ゆえだと思っています!
ひかりさん:私はハコ推しなので…推し選手は決められ無いのですが、1人1人の魅力をたっぷり語れる程に好きです!説明が下手くそなので…もう、ぜひ観に行ってもらえればと思います!ちなみに、グルクンさんのパーソナルトレーニングを受けていたのですが、お話も面白いし楽しいので、琉ドラジムもオススメです。ガンダム好きな人は特に楽しいかも(笑)!
yamazatoさん:FC琉球の魅力を言えば、とにかく見ていて楽しいに尽きます。監督が『沖縄の青い空、澄み渡る海には守備的なサッカーは似合いません』と就任の時に言ったように、とにかくガンガン攻めまくります!その攻撃力はリーグ屈指!点を取る時は5-0と か6-1とか平気で取っちゃいます。そしてそれがもの凄い迫力!見ていて本当に楽しい!正直、僕は戦術とかは疎いんですが、それでも最高に楽しいです。そして何よりこの島のチームが全国を相手に勝負を挑み続けている事が本当に熱いです。甲子園に近い感覚と言えば伝わるかも?!今シーズンFC琉球は快進撃を続けていて、幸せな週末を迎えることが多いですが、順位に関わらず、強敵揃いの相手に熱い試合を繰り広げてくれるチームが、この島にある事が誇らしいです!
また本拠地はタピック県総ひやごんスタジアムというんですが、のどかで居心地が良いんです。とにかく子供達が多い!コロナ前はもっと多かったです。試合前にはスタジアム周辺で子ども達がボールを蹴って遊んだりしているのですが、そんなスタジアムは全国を探してもなかなか無いと思っています。そして試合前の時間帯にスタジアムから見える夕焼けも最高!週末にのどかな雰囲気の中、熱い試合を観戦する幸福感は何にも代えがたいです。

いつも見かけるあの人達も!
チームを支える様々な顔ぶれがイラストでも大集合!

ありがとうございます!私も今すぐ見に行きたくなりました。やっぱりその場で観戦するワクワクは良いですよね!
では今回の展示会で、皆さんは主にどんな作品を展示されているんでしょうか?


yamazatoさん:いつもTwitterに載せているイラストを持ってきました。選手たちの面白い瞬間や、サポーターの絵を可愛く描いています。本当はかっこいいイラストも、もっと描きたいんですが修行中です。
ケイシーさん:僕も普段から描いてる、漫画やイラスト達を持ってきています!
ひかりさん:私はiPadのプロクリエイトというソフトで描いたイラストです。普段から書いているものが多く、1点だけ展示会用に書き下ろしました。

優勝した時の感動の位置場面を切り取った琉球アスティーダの集合風景
テレビでも大活躍の人気選手もイラストで!


作風も雰囲気も違っている3人の作品が、同時に見られるのは非常に面白くて見ごたえがありますね!
皆さんはそれぞれお互いの作品に、どのような印象をお持ちなんですか?


ひかりさん:お2人とも、選手の絵が生き生きとしていて、本当に好きなんだな〜と思います!展示会用に新しい絵を描いているとTwitterで見たので、それが凄く楽しみです
yamazatoさん:ケイシーさんのイラストは選手への愛情やリスペクトが感じられて、見ていて爽やかな気分になります。多くのキングスブースターや選手本人からも愛されていて、本当に凄いなと思って見ています。ひかり(よしお)さんは暑苦しさが好きです!汗とか筋肉の唸りみたいなものが感じられて良いです(笑)。プロレス見に行きたくなりました!
ケイシーさん:yamazatoさんのあったかいタッチのイラストがとても好きです。優しい世界観!FC琉球のスタジアムのアットホームな雰囲気にマッチしていて素敵です。あと僕は描くのが遅いので、たくさん作品をアップしている事も凄いなーと思います。ひかり(よしお)さんのイラストは迫力があって、とにかくカッコいい!色の使い方や背景の表現がたまらないです!僕はそのあたりが苦手なので憧れます。

まるで試合会場にいる緊張感も感じる。オーラ漂う神秘的なイラストは息使いが聞こえてきそうだ!

次にまた3人展は企画しますか?もしくは次はどんなことがしたいですか?

ケイシーさん:もちろん機会があればまたやりたいです!今度はスタジアムとかアリーナとか、試合の日にやってみたいですね!

Tシャツとして子どもたちや選手からも注目されるイラスト、ケイシーさんのイラストがファンと選手をつないでいる。
会場にはフラワーアーティスト Kemmyさんの作品パネルも展示。イラストとどんなコラボがあるか会場でチェック!

最後に読んでいる方へメッセージをお願いします。

ひかりさん:緊急事態宣言が出てしまっているので、単純に見に来て下さいと言うのは気が引けますが…、こう言う展示会があったという事を知ってもらえるだけでも、意味はあるのかなと思っています!どうぞよろしくお願いします!
yamazatoさん:僕がFC琉球の絵を描くのは、単純にFC琉球が魅力あふれる素晴らしいチームだからです。こんなチームがこの島にある以上、見に行かないのは本当にもったいない!みんなでスタジアムへ観に行きましょう!
ケイシーさん:コロナの影響で試合観戦に人数制限がかかったり、大声で応援できなかったりと、それぞれ色々な思いを抱えていると思います。そんな中、イラストや漫画で少しでもスポーツ界隈を盛り上げたいと考え、今回のイラスト展を企画しました。
結果として緊急事態宣言中の開催にはなってしまったので、「ぜひ来てください」とは言いにくいですが、SNSにもイラストや会場の様子をアップしようと考えていますので、少しでも多くの方に楽しんでもらえたら幸いです。

なかなか場所が決まらないことも。
何度も入念にチェック中!

【作家紹介】
●ケイシー

漫画やイラスト、DTPデザインや動画編集などフリーランスとして活動。スポーツが大好きと旅行と食べることが好き!2023年沖縄市で開催されるFIBAワールドカップでもりあがるため発信活動を続けている。
Twitter:ケイシー@kc_8o8
Instagram:@casey_okinawa
YouTube:タイヨーとケイシーのスポーツビジネス研究所
YouTube:【 #沖縄バスケ チャンネル】OUTNUMBER

●ひかり(よしお)
グラフィックデザイナーとしてOPA内の店舗POPを担当。OPA撤退後からWEBデザイナーへ転向。jefのヌーヤルバーガーTシャツや、グッズイラスト制作も担当。縁があり琉球ドラゴンプロレスのポスターもいくつか制作を担当。プロレスイラストの他、色々な作品があるのでTwitterを要チェック。
Twitter:ひかり(よしお)@Hikari_kwt

●yamazato masaki
那覇市出身。2013年からフリーランスのイラストレーターとして活動開始。テレビ番組のイラストを中心に、雑誌・webのカットイラストや広告漫画などで活躍。お仕事は公式ウェブサイトの「CONTACT」よりご連絡を。https://masaki-yamazato.com/
Twitter:yamazato masaki @myamazato
Instagram:@masakiyamazato

琉球新報社<br>琉球新報ホール事務局

琉球新報社
琉球新報ホール事務局

-リュウキュウシンポウホールジムキョク-

web

電 / 098-865-5256
  ※または琉球新報社読者事業局098-865-5255

営 / 問い合わせ対応時間(月曜日を除く平日)
  10:00〜17:00迄

駐 / 有り


このお店の他の記事

躍動感溢れるイラストから沖縄のスポーツを体感!


NEW PICKUP