ウルトラコピーFES2021スペシャル(宜野湾市)

EVENT INFOMATION

ウルトラコピーFES2021スペシャル

日:2021年3月14日(日)
時:開場15:00・開演16:00
場:宜野湾海浜公園 屋外劇場
料:全席自由・整理番号なし
  一 般・3,000円
  中高生・1,500円
  当日は各500円増

【出演】
ウルマニアン(THE BLUE HEARTS)
東渕 剛(長渕 剛)
サザンバンド沖縄(サザンオールスターズ)
Aya:)(安室 奈美恵)
MODA SEA(LUNA SEA)
Beep!!!(Superfly)
ミスった〜チルドレン(Mr.Children)
MC・漢那邦洋(本人)

※小学生以下無料
※公演当日は、感染症対策のため1席ずつ間隔をあけて着席をお願いします。
※本人の出演はありませんが、気持ちになりきっています。
問:ミスった〜チルドレン miss.children@tou.okinawa
  ピーエムエージェンシー 098-898-1331

https://www.pmnet.co.jp/events/2021/ultracopyfes/

おまたせしました!今年こそは5回目のフェス!野外で開催!

ミスチル!サザン!ブルハ!青春の記憶にはいつも名曲が寄り添う。そんな名曲の数々を歌声、演奏、見た目(?)も見事にカバーしたコピーバンドたちの祭典「ウルトラコピーFES」が、今年はなんと宜野湾海浜公園屋外劇場と、開放感溢れる野外ステージで開催される。昨年は緊急事態宣言の目前が開催日だったため、イベント自体を中止にと苦渋の決断。今年まで温められたスタッフ・出演者たちの想いは熱く燃えている!
そんな記念すべき5回目の開催を控えた主催バンド「ミスった〜チルドレン」のメンバーと、1回目から毎回出演を続けているバンド「MODA SEA」のメンバー、MCを勤める唯一のご本人名義の漢那邦洋さんに話を聞いた。

様々な出演者を交えながらの5年、今はどんな気持ちですか?

リナ(ミスった〜チルドレン・ドラム):1回目の開催当初は、何年も続けるなんて考えてはいなくて、本当になんだかんだで5年も続いてるって感覚で(笑)、まさか屋外劇場でまで開催できるとは思っていませんでした。
天久(ミスった〜チルドレン・ボーカル):僕も続けれられたらいいなとは思っていましたが、正直ここまで続くと思って無かったし、毎年開催を楽しみにしているファンが増えている事にも驚いています!
いっちー(ミスった〜チルドレン・ベース):楽しんでライブをしたら次々にライブが決まり、それを繰り返す内にいつの間にか5年も経っている!?って感じで、予想外に反響があるのは本当に嬉しいです。

このイベントが開催されたきっかけは、どんなことだったんでしょうか?

いっちー:あるライブで僕がお酒を飲みながらミスった~チルドレンを客観的に観る(お客さん側で)機会があり、「あれ?これめっちゃ似てるし面白いな!県内の似ているバンドを集めれば、絶対に面白いイベントが出来る!」と、ライブを終えたメンバーに楽屋で話をして、その後にすぐに音市場で第1回を開催することになりました。また見たいという声が多くて、それで毎年開催するようになりました。

毎年このイベントを楽しみにしている常連さんもいるとの事で、どんな方が観に来られていますか?

いっちー:曲目には往年のヒットソングも多いので30〜40代の来場者も多いです。中には子どもも連れて、ステージ前でリズムを刻んで踊ったり、ライブハウスでは見かけないアットホームな光景も素敵だなと感じてます。
天久:僕は自分よりも妻がミスチルファンなので、毎回シビアな目で参加してくれています(笑)。やはり音響はどのステージよりも迫力のある会場(音市場)なので、そこだけは良い評価をされますが…(笑)。やはり全体的にミリオンセラー連発のJ-POP全盛期に青春だった世代の参加が多いですね!誰もが口ずさめる楽曲が多いので、カラオケ感覚で楽しめるのが一番じゃないですかね。僕らも出番時間以外はそうなりますし(笑)。

演奏者としても、他のライブとはやはり違った気持ちのライブになりますか?

天久:本家も立った大ステージなのでテンションは上がります!しかもこれが自分のバンドの主催イベントだなんて、今だに信じられないです。どの出演者の皆さんも楽しめている雰囲気があり嬉しいですし、このFESのいちファンとして参加してくれている気がします!

ちなみに激似と評判の「ミスった〜チルドレン」の皆さんは、普段はどんなステージが多いですか?

天久:普段は対バン形式でのライブや、お祭りなどでオファーもいただいてます。僕らならではの部分としては企業の社内イベントや披露宴でのライブオファーも多くいただいてます。

ではこの大イベントを主催するまでになった「ミスった〜チルドレン」は、どんな風に結成されたんでしょうか?

いっちー:当初、イベント出演が先に決まっていて、ベースとボーカルしかいない状況でした(笑)。そこから出演に間に合うようにメンバーを集めるんですが、ドラムのリナさんは話したこともないけれど、SNSから「ミスチルやりませんか?」お誘いしOKの返事がきて、ギターのシュン君もInstagramから繋がったり、色んな流れで今の形になっています。元々は知らない人同士だったとは思えないほど、和気あいあいと出来ています!

総勢12組が出演!個性豊かな仲間たちのおかげもあり

これまで多彩な出演陣なのもこのイベントならでは。コピーバンドであればジャンルの垣根を超えて、まさに「本物だったら豪華すぎる」共演が続いている。そんな中で、特に印象に残っているバンドや、数回出演するバンドを聞いた。

リナ:Coccoのコピーをされた「ブーゲンビリア」さんは印象的でした!私自身がCoccoをよく聞いてたのもあるんですけど、演奏はもちろん、ボーカルの方は雰囲気とか空気感とかがCoccoの世界感をよく表現していて。いつかまた出演してほしいですね!そして、1回目からずっと出演してくれているのはMODA SEAさん!あと漢那さん(笑)!

せっかく名前が出たので、今回は主催バンドと肩を並べて皆勤賞出演者である、MODA SEAのINAZOさん、下田RYUICHIさん、司会進行で唯一の「本物」出演者である漢那邦洋さんにもお話を聞いた。それぞれ、このイベントへ出演するきっかけは何でしょうか?

INAZO:ミスった〜チルドレンの皆さんから、出演のお誘いをいただきました!決まった時は本当に嬉しかったですよ!
下田RYUICHI:熱意に誘われましたね!
漢那:ミスった〜チルドレンのキーボード・カズキと知り合いで、そこからオファーだった気がします。気軽に引き受けたら大イベントで後で驚きました(笑)!

TVやラジオで喋っていいる人と言う印象の漢那さんですが、毎回このイベントでは歌を披露されているそうで、音楽には縁がありますか?

漢那:僕自身も幼い頃にエレクトーン、中高は助っ人で合唱部、高校時代にバンドを組み、30歳(三十路)のタイミングで「三十lar children」というバンドを作ったり、別で「KANNA BAND」というバンドもあり、数年に一度活動していますよ!

5回連続出演ということで、おめでとうございます(笑)。一緒にイベントを過ごしてきての気持ちはどうですか?

INAZO:まずは5周年おめでとうございます!毎年出れるとは思ってなかったので本当にありがたいです!
下田RYUICHI:この規模での5年は激アツなので、もちろん今年も気合いを入れていきます!毎年やると言うなら毎年出る気は満々でした(笑)!
漢那:正直、僕もこんなに続くと思ってなかったです(笑)。ただ年々パワーアップしているのを感じますし、眼を閉じれば本物じゃないかと思うクオリティーなので、僕も楽しんでMCをさせてもらっています。

漢那さんは5年MCを勤める中で、色んなことがあったと思いますが、実はこんな舞台裏もという話はありますか?

漢那:このイベントで僕のMCを見た方から、他のイベントへのオファーがあったのが嬉しかったり、逆に喉の調子が悪くギリギリのMCだった日に最後に全力で歌ったら、次の日は急性喉頭炎でラジオの仕事に支障を出しちゃったり…(笑)。

ライブならではの思い出いっぱい!これだからFESは楽しい!

これまでのは沖縄市の音市場で開催されてきた同イベント。名場面が多いことも常連客を生み出すポイントとなっている。毎年、参加する中で印象に残っているエピソードを聞いてみた。

INAZO:名場面は本当にいっぱいありましたが、まずはミスった〜チルドレンさんの演奏するシーソーゲーム!演奏力が凄すぎて、めーっちゃ鳥肌が立ちました!そして外せないのは、イベントの最後に出演者みんなで歌うミスチルの曲、MC漢那さんのミスチル愛が溢れ出している歌は見所ですね!ミスった〜チルドレンの皆さんは、演奏の他に運営力がとても良いので、いつも素晴らしいイベントになります!MODA SEAもお誘いあれば、毎年全力でイベントを盛り上げたいと思います!
下田RYUICHI:全員で歌うフィナーレは、全て名場面かと!
漢那:最後に全員で歌う時には、いつも美味しい部分を歌わせてもらいます(笑)。本当にこれが最高に気持ちイイですね!印象に残っていると言えば、アイロウ&タカさんがCHAGE&ASKAのコピーをやった時、リハ終わりに「本番は一緒に歌ってよ」と僕がファンなのを知っていて声をかけてくれ、ぶっつけ本番で『YAH YAH YAH』を歌ったことです。良い感じで歌えたんですが、後で急に胃が痛くなって…、緊張したんでしょうね!

様々なアイデア、また目標も出てくると思いますが、今後はどうなっていくでしょうか?

リナ:若い世代のバンドにも出てほしいですね!バンプや髭ダンのコピーとか!ももクロの歌もダンスも、完全コピーとか面白そうです!
いっちー:県内の名物イベントとして、全島エイサーと並んで定着してくれたら嬉しいですね!でも今、1番個人的に出たいのはオリオンビアフェスタ、ビールとミスチルがあれば人生豊かになるでしょう?(笑)。いつか出演できるように頑張ります!
天久:昨年から続く自粛期間で、年に20本以上あったライブの9割がなくなりました。あらためてライブ出来ることの大切さを感じながら、このイベントも毎年続けられればなと思います。目標は次の5年、10周年スペシャルを開催できたら最高ですね!

では最後に、いよいよ今週末に迫った「ウルトラコピーFES2021」に向けて、皆さんのお気持ちを教えてください。

漢那:今回は宜野湾海浜屋外劇場という大きな舞台で行える事、心から嬉しく思います!これからもずっと続けて欲しいですね。ぜひ本物のコピーを見に来てください!
INAZO:毎年大変だと思いますが、この素晴らしいイベントは沖縄コピーバンド界にとって、大きな目標になっていると思います。毎年開催してほしいし、これからも応援します!会場が宜野湾海浜公園って事でスゴイ気合い入ってます。広いステージでのMODA SEAは生き生きしますので(笑)。応援宜しくお願いします!
下田RYUICHI:普段のライブでもお酒を飲んでいますが、ウルトラコピーFESでもいつも楽しく飲んで歌っています!フェスは全てを楽しむ場所だと思っています!全力で飛ばしていくから、みんなも全力でかかってこ~い!!!!
いっちー:2020年は開催出来ませんでしたが、去年の思いものせて開催します。コピーバンドだけど、その日は「本物を一瞬越える場面」が見られますので(笑)、ぜひ遊びに来てください!
リナ:2年間、溜め込んできた想いを全て出しきります!楽しみにしててください!
天久:僕も2年分の思いを込めています!皆さん一緒に盛り上げましょう!よろしく!

今年は春に取り壊しが決まっている、宜野湾海浜公園屋外劇場での開催。いつもよりひと味もふた味も違った、2年分の気持ちがこもった演奏を、家族みんなで楽しみに行ってみてはいかがだろうか?

NEW PICKUP


Hamburg&Steak Vega(那覇市)

鉄板からはみ出る旨さ、
ひと噛みすれば広がる北の大地

北海道で育った上質な和牛と、沖縄で生まれたアグー豚が出会って奏でる、極旨の肉汁ハーモニー!そして、A…