OKINAWA INFOMATION

こだわりの木製家具製品

WOOD STOVE FURNITURE

執筆者:照屋武志

こだわりの木製家具製品

沖縄県南部に位置する糸満市。
人口は令和5年度8月現在で約62400人。(糸満市HP「住民基本台帳調べ」より)。

糸満市の中でも喜屋武(きゃん)は人口約920人ほどであり緑に囲まれた長閑(のどか)な地域である。また、喜屋武エイサーや喜屋武ハーレーといった伝統行事、そして「にんじんの里・喜屋武」としても認知度が高まりつつある。

にんじんの里・喜屋武

そんな緑豊かな喜屋武にひと際オシャレなお店があったので訪れた。
WOOD STOVE FURNITUREという目立つ看板!

『WOOD STOVE FURNITURE』木製の看板

店内に入ると木目が美しくしっかりとした机や椅子などの家具、そして木製のバインダーや雑貨類などが販売展示されている。何とこれらの商品は『WOOD STOVE FURNITURE』の代表である上原健司さんの手作りというから驚きである。

一から上原さんが丹精込めて作製した家具

代表の上原健司さんは豊見城市出身。子どもの時からモノ作りに興味・関心を抱き、工業高校。そしてインテリア系の専門学校に進学した。その後、豊見城市、糸満市米須で工房を営み、2023年4月に家具工房『WOOD STOVE FURNITURE』をオープンした。

「木製家具製品をつくることにこだわりを持っている」という上原さん。
専門学校卒業後、インターンシップなど本土での経験から木製家具製品の魅力に惹かれ、現在に至るという。

木目調がきれいなマンスリー手帳(オーク)
木目調がきれいなマンスリー手帳(ウォルナット)

「木製家具を作製する際、原材料からこだわっている」と話す上原さん。
写真からもわかるように一つ一つ丹精込めて上原さんが作製した木製家具製品は美しい木目調が特徴である。生活の中で上原さんが作製する木製家具製品はひと際、「ほっこりと温かい時間をゆっくりと過ごせる空間」となるものばかりである。

そんな『WOOD STOVE FURNITURE』は家具販売のみならず、不定期に様々なイベントを実施している。5月4日取材時にもゴールデンウィークイベント「Mothers day」が開かれていた。上原さんが営む『WOOD STOVE FURNITURE』以外にも様々な作家さんの製品が展示されていた。魅力いっぱいの製品ばかりである。

ゴールデンウィーク期間中のイベント「Mothers day」
ワークショップ「焚き火会」の様子

木製家具製品を見て、購入する、それだけではなく、木製家具製品の魅力を感じさせるイベントを実施している『WOOD STOVE FURNITURE』へ一度訪れてみてはいかがでしょう。

WOOD STOVE FURNITURE

WOOD STOVE FURNITURE

-ウッドストーブファニチャー-

web

住 / 〒901-0354 沖縄県糸満市喜屋武1893-1

営 / 毎週日曜日開店

駐 / 有り(2台程度)

NEW PICKUP


ITOMAN DOG

糸満市に「地域愛」を感じさせるホットドッグ屋さんがある。それが『ITOMAN DOG(糸満ドック)』だ。今年(2024年)4月23日にオープンしたばかり。糸満市のメインストリートともいうべき「糸満ロータリー」近く店舗を構えている。

ウメノ製パン

『ウメノ製パン』は2020年2月12日に糸満市潮平にオープンし、2024(令和6)年現在4年目を迎える。沖縄やまやとのコラボ商品「めんたいフランス」など他のパン屋さんにはない独特の商品が揃う。

やきいも

車内カーナビを頼りに所在地の住所を入力し訪ねると周囲は緑に囲まれた中に「焼き芋」という幟(のぼり)が見える。その幟のそばには「名前の無い美味しいやきいもやさん」がある。