EVENT INFOMATION

島ぜんぶでおーきな祭
第14回沖縄国際映画祭

おすすめイベントPICK UP

2022年4月16日(土)・17日(日)

ふみだすAGAIN!映画・音楽・お笑い・アート・ワークショップも

今年開催される「島ぜんぶでおーきな祭 -第14回沖縄国際映画祭-」では、復帰50年という節目もあり、それに関連するイベントや沖縄の歴史を振り返る内容も多く含まれている。ここでは多数のイベントや上映作品の中から、そんな沖縄の歩みを感じるものと、注目のイベントをピックアップ!

期間/2022年4月16日(土)・17日(日)
場所/那覇市国際通り周辺、桜坂劇場
   琉球新報ホール、那覇市民ギャラリー
   よしもと沖縄花月、首里観音堂
   イオンモール沖縄ライカム 他
主催/沖縄国際映画祭実行委員会
運営/株式会社よしもとラフ&ピース
内容/映画作品上映、オンラインコンテンツ
   アート展示、お笑いステージ、他

公式サイト/https://oimf.jp/
SNS/TwitterInstagramFacebook

16日(土)PICK UP

スペシャルトークイベント
沖縄の音楽史から紐解く、沖縄・記憶と記録

沖縄の音楽史にスポットをあてた、同企画プロデューサーの立川直樹さんと島唄研究家の小浜司さんによるトークイベント。高級オーディオブランドの機材を使用し、当時の貴重なレコード盤で沖縄音楽を楽しむ体験イベント。


【詳細】
日/4月16日(土)
時/開場12:30・開演13:00
場/よしもと沖縄花月(那覇市)
出/小浜司(島唄解説人)、立川直樹
協力/Technics
チケット/観覧無料 ※入場には無料入場チケットが必要です。
※当日のチケット配布は、事前申し込みで残席があった場合のみ行います。
【当日の受付】上映会場にて、開場30分前~開場まで受付。

展示企画「OKINAWA MEMORIES AND RECORDS –沖縄・記憶と記録ー」

トークイベントと合わせて、先行開催中の展示企画も見ると、沖縄独特の文化芸術をおり感じることができる。
2022年は沖縄本土復帰50年。歴史とともに独自進化を遂げた沖縄音楽の記録となるアナログレコード展示、戦後の歴史を記録する唯一の月刊誌「オキナワグラフ」、様々なジャンルの表現者に最大限のリスペクトを捧げ、その記憶を次の50年へ繋げるプロジェクト。


【詳細】
日/4月12日より開催中~24日(日)※18日(月)休館
時/10:00~19:00 ※最終日17:00迄
場/那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6階・那覇市)

島ぜんぶでお笑いステージ

沖縄のお笑いをぎゅっと詰め込んだスペシャルお笑いステージ!沖縄のお笑い賞レース歴代優勝者も出演し、ステージを盛り上げる。その他、アイドルユニットやパフォーマーも。


【詳細】
日/4月16日(土)
時/第1公演 14:00~15:00
  第2公演 17:00~18:00
場/てんぶす那覇広場(那覇市)
料/観覧無料
出/【第1公演】初恋クロマニヨン、ピーチキャッスル、ハナフラワー、知念だしんいちろう、リップサービス、こきざみインディアン、 SO.ON project、(MC・ありんくりんクリス、ハイビスカスパーティーゆか)
  【第2公演】オリオンリーグ、カシスオレンジ、天地コンソメトルネード、ノーブレーキ、ゴリラコーポレーション、プロパン7、DA’s、(MC・浦添ウインドゥ島智大、ありんくりんクリス)

デジタルで甦る8ミリの沖縄

毎回満員御礼の人気企画。1950年代から70年代にかけて、一般の人々が撮影した貴重な8ミリ映像を上映しながら、当時の沖縄の状況をマニアックに解説しつつ、現代の風景と比較して楽しむ。今回は沖縄の本土復帰50年にまつわる映像も用意。案内人はシネマラボ突貫小僧の當間早志と沖縄アーカイブ研究所の真喜屋力の二人。


【詳細】
日/4月16日(土)
時/18:00~
場/よしもと沖縄花月(那覇市)
料/無料
チケット/観覧無料 ※入場には無料入場チケットが必要です。
※当日のチケット配布は、事前申し込みで残席があった場合のみ行います。
【当日の受付】上映会場にて、開場30分前~開場まで受付。

17日(日)PICK UP

レッドカーペット

3年ぶりに那覇国際通りに、映画祭の象徴「那覇国際通りレッドカーペット」が帰ってくる!
レッドカーペットの様子は「BSよしもと」にて独占放送、ご自宅でもその様子を楽しめる。
レッドカーペットとは?
那覇市との共催で第6回から実施されており、島ぜんぶでおーきな祭の目玉。3年前の2019年はのべ約92,000人の観衆のなか、1,433人にもおよぶ人気俳優やタレントが歩行。
※実施にあたりお客様や出演者が安全にご参加いただけるよう、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めてまいります。


【詳細】
日/4月17日(日)
時/12:00スタート
場/那覇市国際通り(むつみ橋〜桜坂中通り入口付近)
料/観覧無料 ※観覧には申し込みが必要(申込期間終了)
放送/BSよしもと [265ch・無料放送] 11:30〜13:30予定
   https://bsy.co.jp
BSよしもと独占放送レッドカーペットの様子はBSよしもとにて独占生放送しますので、ご自宅でもお楽しみいただけます。抽選にもれた方は、BSよしもとの放送をご覧ください。


【注意】実施に伴う交通規制区域開催情報
https://oimf.jp/program/redcarpet.html

一生売れない心の準備はできてるか

©Shige&Hayashi

沖縄発のバンド「やちむん刺激茄子」のリーダー奈須重樹(宮崎県出身)の味わい深い音楽人生を、ライブやインタビューで綴る音楽映画。
玄人筋には評判が良い作詞作曲能力だが、これといったヒット曲がないまま30年…。それでもめげずに活動を続ける彼の飄々とした生き様は、見る者に勇気と笑顔を与えてくれる。監督の當間早志(5月にリバイバル公開予定『パイナップル・ツアーズ』第3話監督)は奈須の盟友。18人編成ビッグ・バンドで臨んだ満員大盛況の首里劇場ライブを迫力たっぷりに活写しつつ、奈須が紡ぎ出す楽曲の魅力に迫る。
また会場となった沖縄現役最古の映画館「首里劇場」の強烈な佇まいにも注目。


【詳細】
日/4月17日(日)
時/15:00〜
場/よしもと沖縄花月
料/無料
登壇/奈須重樹、當間早志監督
チケット/観覧無料 ※入場には無料入場チケットが必要です。
※当日のチケット配布は、事前申し込みで残席があった場合のみ行います。
【当日の受付】上映会場にて、開場30分前~開場まで受付。

あの夜、コザにいた。

©2021ブルーヒーラーズ 龍頭影片

復帰への陣痛が始まった1970 年。時代は大きく動き始めるが、若者の日常はいつの時代でも似たようなもの。「歴史」はいつでも「何でもない日常」の上に乗っかっているのだ。新型コロナが世界を席巻する「歴史」の真っ只中で「何でもない日常」を過ごす若者たちに贈るゆるーい共感。
アメリカ統治下の沖縄・コザ。
大阪万博に沸いた本土とは裏腹に、抑圧された島の人々の不満は熱をはらんで日々膨れ上がっていく。
そんな時代の熱さをよそに、屋上でぐだぐだと時間をやり過ごすタケルとコウケン。彼らは何のためにここにいるのか。やがて日が落ち、屋上に夜がおとずれる…。


【詳細】
日/4月17日(日)
時/16:40〜
場/桜坂劇場 ホールB
料/無料
チケット/観覧無料 ※入場には無料入場チケットが必要です。
※当日のチケット配布は、事前申し込みで残席があった場合のみ行います。
【当日の受付】上映会場にて、開場30分前~開場まで受付。

イオンモール沖縄ライカム PICK UP

沖縄復帰50周年!復帰っこガレッジセールのスペシャルトーク動画

今年で沖縄は復帰50周年。
沖縄出身で、復帰っこ世代(1972年に生まれた世代)のガレッジセールのお2人による、沖縄について語るムービーをそれぞれ3テーマずつオンエア!


【詳細】
◉4月16日(土)
1回目/10:00~10:30頃、2回目/13:30~13:45頃、3回目/15:00~15:15頃、4回目/16:30~16:45頃、5回目/18:00~19:00頃
◉4月17日(日)
1回目/10:00~11:45頃、2回目/13:30~13:45頃、3回目/15:00~15:15頃、4回目/17:00~19:00頃
※テーマ毎の動画(ゴリ:3テーマ、川田:3テーマ)はランダムに放映されます。
※本人の出演はありませんので予めご了承ください。

EVENT INFOMATION

総合エンタテインメントの祭典「島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」は、2022年4月16日(土)・17日(日)の2日間、14回目の開催を実施。
昨年、一昨年に引き続き、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点からオンライン等も併用して開催。
映画はもちろん、音楽、お笑い、アート、ワークショップなど多岐に渡るコンテンツを展開。本土復帰50周年を迎え、ますます注目が高まる沖縄の魅力を世界に発信!

よしもと 沖縄花月

よしもと 沖縄花月

-ヨシモト オキナワカゲツ-

web

住 / 沖縄県那覇市前島3‐25-5 とまりんアネックスビル2F

電 / 098-943-6244
  0570-550-100(※公演に関するお問い合わせはこちら)

駐 / 有り


このお店の他の記事

沖縄県住みます芸人の住んでいるからこそ語る!共感!トークルームライブ


NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…