うさぎとねこ〜セクマイカップルの日常〜 第13回


ふらびゅう沖縄をご覧の皆様、こんにちは。
【うさぎと猫〜セクマイカップルの日常〜】連載コラムを担当している安里ミムです。私は現在県内でタレント・ライターとして活動しながら自身がバイセクシュアルである事をカミングアウトし、LGBT当事者としてパートナーの「みーちゃん」と2人でYouTubeやLGBT講話などの活動をしている人です。
ふらびゅう沖縄では私のパートナー、Xジェンダーの「みーちゃん」との生活をお届けしています♪

本日は日々の生活の中でも大きな存在、私の大親友を皆さんにご紹介したいと思います!
友情記事を執筆するのは人生で初めてかも。張り切っていきます!

こちらが親友の、森くんです。
私は出会い当時から彼の事を「モリリン」と呼んでいます。
彼とはもう10年来の付き合いなのですが、出会いから振り返ってみたいと思います。

モリリンが沖縄に来たのは今から13年前
大学入学と同時に愛知県からやって来ました。モリリンはとにかく頭がいい。勉強が出来る。
そして勉強が出来るだけではなくイラストやアニメーションも得意なモリリンは大学で漫画サークルに入り、創作活動をしていました。

私はちゃんと学校にも行かず、ダラけた高校生活を送っていたので大学進学など出来るわけもなく、アルバイトをしながらタレントとしてラジオや司会の活動をスタートした頃でした。

初めて会ったのはモリリンが通う大学の漫画サークルの部室。

共通の知り合いの繋がりで一緒にYouTube番組を制作する事が決まり、私はタレントとして、モリリンはアニメーターとして顔合わせの日でした。

モリリンに第一印象を聞いてみた。

そりゃそうだ。ハタチくらいの私はとにかく化粧がケバかった。

(当時の距離感)
一緒のチームで作品作りが始まり、徐々に話す機会が増えた頃「わたし、こいつと気があう感じがする!仲良くなりたい!」と思ったのを覚えてます。
そこから「モリリンって呼んでいい?」と年上にもかかわらずズカズカと踏み込みました。(今思返すと急に変なあだ名までつけられて困ったかなモリリン・・)

すっかりモリリンに懐いた私は飲み会や打ち合わせではすぐにモリリンの隣をキープし親睦を深めました。

これはサプライズで誕生日をお祝いしてもらって泣くわたし。

「絵の書き方を教えて!」とモリリン宅に上がり込み、すぐに飽きてひとり酒に走る私にも、彼は優しく接してくれました。

(後日、絵の指導がYouTube企画になった。仮面の中身はモリリン。)

それから定期的に会ってはお喋りをする存在に。
とにかく酒好きで毎日飲酒する私と、滅多に飲まないモリリン。
2人で居酒屋めぐりをしてた時期も、彼はいつもソフトドリンクでした。そして私を送り届けてくれる日々。書けば書くほどいつもゴメン・・・!!!

それから毎年正月休みは一緒に初詣に行くのが恒例になり、

私の仲良い友達はみんなモリリンに紹介するようになり、

いつも買い物に付き合ってもらい、

朝まで語りあかし、

気づいたら仕事や恋愛の悩み、なんでも話せる大親友になってもうすぐ10年。

私のパートナー、みーちゃんとの生活がスタートする時も片付けや引っ越しを手伝ってくれて、新居にも一番に遊びにきてくれました。

そして私とみーちゃんがうさぎと猫として2人でタレント活動をスタート。
モリリンは私たちの撮影サポートとして制作チームで力を貸してくれたり、今ではみーちゃんとも遊びに行く仲になりました。
ちなみにみーちゃんの苗字も「森」なので結婚して私も森になり、今では森の3コンビ。

転職や大きな決断の時、いつも背中を押してくれて、味方でいてくれたモリリン。
人に言えない弱ってる事も話せる不思議な存在です。

人生の中で10年来仲良く付き合いを続けている友人ってほんとに貴重だなぁと、今回記事にしてみました。

私とモリリンは性別も年齢も違うし、どちらかと言うと真逆なタイプの2人だと言われますが、とにかく一緒にいて居心地が良い。

私はみーちゃんとLGBTカップルとして活動する中で多様性を発信してますが、友人関係もいろんな形があって楽しいなと改めて感じます。

(今年の誕生日は7年前と同じ服でお祝い。)

という事で今回は
「オタクの集まりに金髪ギャルが来た!」からスタートした私と親友のお話でした。

モリリン、いつもありがとう!

■筆者information
【Twitter】https://mobile.twitter.com/36____mimu
【Instagram】https://www.instagram.com/mimu________/?hl=ja
【YouTube】「うさぎと猫〜セクマイカップルの日常〜」


別のコラムを読む

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…