ある詩人の場合 第15回


詩人と20代の頃


あと約3ヶ月半で40歳になる。

母いわく40歳になった途端、老眼になったらしい。

先日がん検診の券が送られてきて、急に検査対象がグッと増えていて、こんなにたくさん受けるの?と驚いている。

先月は、気付いたら右目が出血していた。
充血ではなく、べっとり出血しているではないか。
周りの40〜60代の人に聞くと、何人か同じような経験をしたことがある人がいることがわかった。
重い物を持った時に出血するという人もいた。
眼科でも、医師は年をとるとよくあることで、「子どもの鼻血みたいなものです」と3回言った。
2週間で治るかと思ったら、3週間かかった。

さて、最近20代に関心を持っていたことに関心がなくなってきたことに気付く。

車を運転していると、とある花屋さんの横で信号待ちをすることが多い。
その花屋さんにはシャンデリアが輝いている。
20代の頃はシャンデリアが好きだった。
花屋さんやカフェにあるカジュアルな感じのシャンデリア。
多分、学生の頃から、社会人1〜3年目の東京時代も、沖縄に帰って来てからも。
実際に購入はしていないが、いつか購入したいと値段を調べていた。

20代の頃は蜷川実花さんの写真が好きだった。
特に東京にいた時は、展示会に行ったり、ムックを買ったりしていた。
沖縄に帰ってからも、浦添市美術館で蜷川実花展が行われた時は2回観に行った。

20代の頃は日産CUBEが好きだった。
四角っぽいフォルムや、ワッフルのようなホイールがたまらなく気に入っていた。
埼玉の工場の先輩がCUBEに乗っていて、一度だけ乗せてもらった時、相当嬉しかった。
今は特に好きな車はなく、あのCUBEへの情熱が今となっては不思議だ。

20代の頃はよく「頑固だね」「強いね」と言われた。今も誰も言わないだけで頑固かもしれないけど、今は全然強くない。弱い、弱い。

とにかく20代の頃はがんばっていた。
30代はがんばってばかりいないで、休むことが大事ということを徐々に身につけるための10年だったような気がする。
外見も細眉から太眉にシフトし、今、細眉の時の写真を見ると尖っているな、性格悪そうだなと思ってしまう。

20代の頃のがんばる私にとって、キラキラしたシャンデリアや、色鮮やかな蜷川実花さんの写真やおしゃれなCUBEが必要だったのかもしれない。
それらに背中を押され、行動力の源になっていたのだろう。

昨年の秋に、HSPや自己肯定感に関する情報を受け取ることを辞めた。
一昨年の初めからHSPと自己肯定感に関する本をたくさん読み、関連するSNSをたくさんフォローし、ウェビナーにも何度か参加していた。
情報を受け取るのを辞めると、いつの間にか、HSPのことも自己肯定感のことも一切気にならなくなった。

自己肯定感の低さと、向上心の高さは関係するのではないかと思う。
自分に高いハードルを課するから、それができない自分が嫌になるのではないだろうか。
私は以前に比べて、自分に課すハードルはかなり低くなった。
とりあえず会社に行くことができればOKと思っている。
悩みや課題はあるにせよ、以前よりかなり身軽だ。

40代はどんな10年になるだろう。
こんなことを同い年の友達と、ごはんを食べながら話したい。

■筆者information
【著者サイト】https://mumirock1.wixsite.com/hiroko-toma
【Twitter】@hirokotoma
【Instagram】@hirokotoma


別のコラムを読む

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…

NEW PICKUP


Ricky(那覇市)

那覇市泊交差点から奥武山公園横に移転し、変わらず高い人気の「Ricky」。最近は地元客だけでなく公園…