SPECIAL

私の本気オススメ沖縄そば2021

沖縄伝統木灰自家製麺の店

むかしむかし

名護市中山

これが本当の自家製!全部作った「自産自消」そば

全て手作りという店はあれど、ここまで全部作っている店はそうない。内装はもちろん、テーブルも沖縄そばを入れる器も手作り。もちろん麺もスープも野菜も肉まで自家製とは、どれから感動しようか迷うほどだ。

20年程前、名護市呉我で「やんばる船」という沖縄そば店を営んでいた店主が、もっと全部自分で作りたいとこの場所へ移住。現在も店の裏にある土地で、様々な野菜とヒージャーを育てている。それがこの「むかしむかし」最大の魅力となっている。

自家製麺は木灰作りから自家製。自分たちで薪を取ってきて乾燥させる重労働があるからこそ、こんなに美味しいのかと驚かされる。もちろん厨房には昔ながらのカマドがある。

ゆったり広い座敷には三線や民芸品が置かれ、まるで「むかし話の家」に来たようだ。そんな店を切り盛りするのは奈織さん。常に地元の先輩からは学ぶことがあると、そんな先輩たちもここに来てもらえた時に「懐かしい」と感じてもらえるような、雰囲気と製法を守り続けたいと話してくれた。 

色鮮やかに、この季節を、この土地を食べる一杯

定番の沖縄そばはもちろん、ぜひ食べて欲しいのは「島野菜そば750円」。季節ごとどころか、その日ごとに違う野菜がのっているが、特に秋のこの時期は日々変わるので、何度でも食べに行って欲しい。撮影の日はゴーヤー・ウリズンマメ・ターム・カンダバー・リュウキュウ・パパイヤ・ニンジン・ツルムラサキ・ツルムラサキの花の芽と、たっぷり季節の野菜と出会えた。

パパイヤ炒めはシンプルな味でそばダシによく絡む。美味し過ぎて夢中になっているとあっという間に食べきってしまった!
太くてコシが強く短めの麺は、主食らしい食べ応え。この日の麺にはゴーヤーが練りこまれており、これも日によって変わる。

この野菜美味しいなぁ…これも…こっちも…と、野菜に目移りしつつ食べるうち、あっという間にスープも1滴残らず完食!豚骨ベースのスープはカツ節と合わせており、「気が付くと全部飲んでいた」を狙ったアッサリ仕上げ。それがまた野菜や麺の旨さを支える縁の下の力持ち的に、良い役目を果たしている。

勢いよく完食し汗だくの私の前に、「これも裏で採れたシークワーサー」と手作りゼリーが登場。食事をした人には手作りデザートが振舞われる。これが絶妙な甘酸っぱさで、気分もお口もスッキリした!

喫煙所にもなっているテラスには囲炉裏があり、冬場は火を入れお客様が集うそう。そして裏山を眺める場所には双眼鏡が置いてあり、思わず時間を忘れて緑を堪能。

真下に広がる場所で、さっき食べた野菜が全部作られていると思うとあらためて感動。そこで育つヒージャーもヒージャーそばとして看板商品となり、「ヒージャー汁980円」ではお持ち帰り注文も受けている。最近は島とうがらしを使った辛いけどクセになる味が評判の「辛鍋そば850円」も人気だとか。

店内には店主作のやちむんも販売しており、かわいいキャラクターもちらほら。もちろん全部お土産にできる!
日々疲れたなぁと思ったら、一味違う沖縄そばが食べたいなぁと思ったら、家族や仲間同士で次の休みに、一度「帰って」みてはいかがだろうか。

沖縄伝統木灰自家製麺の店<br>むかしむかし

住 / 名護市中山694-1

電 / 0980-54-4605

営 / 11:00〜17:00 ※要TEL確認

休 / 木曜

駐 / 有り


このお店の他の記事

これが本当の自家製!全部作った「自産自消」そば


NEW PICKUP


手造りの店 山家

平和通りで長年、サーターアンダギーの実演販売をしてきた老舗の山家。作る傍から売れていった大評判のサー…